トップページ

 

7歳、8歳という年齢で勉強がしんどいとなると不安

 そろばんをよくご存知でない方が多いようです。「数」を認知する能力というのがありまして、ソロバン玉を操作することにより無理なく「数」に親しみ、より強くなることができます。世間や教育界でそろばんを推奨する理由は「確かな学力」につながるからです。「数のしくみ」がわかる!という実体験が何をもたらすかは想像できるでしょうか?「計算のしくみ」が理解できると算数のすべての分野においてその理解が促進されます。それは補助的な意味でももちろんプラスですが、そろばんの「計算力」が算数を咀嚼する力として強力な武器となっているからです。実際にはそろばんで養われた暗算力(記憶力に関わる部分)が働いているのです。はじめてみませんか?この学習効果をぜひ実感していただきたいです。

 

通塾とオンライン授業

6月から週3日制に。遅れを取り戻しましょう。

手消毒やフィジカルディスタンスをお願いしています。

オンライン授業も楽しみましょう。

2020.6.23AM7:30更新

日経新聞の記事からのgoodニュース(4/14)

①東洋紡がコロナ検出キット最短1時間でウィルス検出可能 企業向け発売開始。

②英オックスフォード大学 コロナワクチン9月実用化へ。

 

思考力と計算力と忍耐力

そろばんは、計算のアルゴリズム、ルールに忠実に従って正確に計算を進めます。『数』に関しては読み取る力、推し量る力、記憶する力が伸び、また、このことにより高い知能の子供が育つように思われます。学ぶ子供たちは計算手順を予測し、反芻し、完結するまできめ細かく「式」を組み立てます。ひとり一人が行うとても忍耐強い小さな作業(認知)が、やがて確かな計算力、豊かな暗算力を産み出します。ですから忍耐強いということがとりわけ重要になっています。こうした中「並みのはずれたできる」を実感することで自信と元気をもらいます。こうした過程を経て、ようやく学力向上と身心の成長につなげていくことができるのです。